錦織とベンジャミンベッカーの対戦成績や世界ランクの紹介!プレイスタイルがビッグサーバーだったら怖いなー

錦織圭選手の2016年全米オープンテニスの一回戦相手が「ベンジャミン・ベッカー」選手に決まりました!

詳しい放送日程や、ドローの詳細、全米の見どころはこちらの記事で紹介しています。

https://exit-tune.com/tennis-4-363.html

この記事では、二人の対戦成績やベンジャミン・ベッカー選手のプロフィールや世界ランクプレイスタイルを紹介していきます。

錦織 VS ベンジャミンベッカー 対戦成績!

二人の対戦成績は、

2勝2敗

となっています。詳しい対戦内訳は次の通りです。

 

2014年 楽天オープン 2-1で錦織勝利

2014年メンフィスオープン 2-0で錦織勝利

2010年 上海マスターズ 2-0でベッカー選手勝利

2010年 デルレイビーチオープン 2-1でベッカー選手勝利

錦織選手がブレイクした2014年からは負けなしです。これは今回の全米オープンも期待できそうですね。2015年の全仏でも二人は対戦していますが、錦織選手がワンセットとった後に棄権しました。なので勝敗にはカウントされていません。

ベッカー選手の世界ランクとプロフィール

名前:ベンジャミン・ベッカー

生年月日:1981/6/16

出身地:ドイツ

身長/体重:177/79

利き手:右

バックハンド:両手

最高世界ランク:35

現在の世界ランク:97

ベッカー選手は現在35歳でテニス選手としてはとっくにピークの過ぎている選手です。年も原因ですが、今年はパッとした成績を残せていないようです。

2016年の全成績

大会 参加回数 優勝 試合数
グランドスラム 3 0 3 1 3
ATP1000 1 0 1 0 1
ATP500 2 0 3 1 2
ATP250 9 0 16 7 9
チャレンジャー 4 0 10 6 4

今年のグランドスラムではまだ1勝しかあげておりません。ATP1000マスターズやATP500の大会の出場が減っていることから、ベッカー選手は怪我をしていた可能性が高いですね。

2015年の全成績

大会 参加回数 優勝 試合数
グランドスラム 4 0 7 4 3
ATP1000 5 0 5 0 5
ATP500 2 0 3 1 2
ATP250 10 0 15 5 10
チャレンジャー 5 0 16 11 5

グランドスラムの負け数が3回となっているのは棄権がカウントされていないためです。ベッカー選手は去年チャレンジャーにも出場していますが、一度も優勝できていないことからもピークは過ぎてしまったことが分かります。

ベッカー選手のプレイスタイル

ベッカー選手は持ち前のパワーを生かしたベースラインで打ちあうことを得意とした選手です。身長も高くなくビッグサーバーというわけでもない、どちらかと言うとオールラウンダーに近いプレイスタイルです。

特にベッカー選手は対角線上のフォアクロスのラリーが得意です。パワーを生かした強打とクロス角度の相乗効果で、結構エグイショットを打つときがあります。

メンフィスオープンで錦織選手と対戦した時の動画はコチラとなります。


いつも通りのテニスができれば錦織選手は勝利すると思います。しかし2015年の1回戦にペール選手にまさかの敗北を喫したトラウマがあるので1回戦は特にギアをあげていかなければ、全米の雰囲気にまた飲み込まれるかもしれません

今年の全米ドローはかなり厳しいですが優勝目指して頑張ってほしい。

https://exit-tune.com/tennis-4-363.html